100万円くらいあると安心

資産運用の必要性が叫ばれていますが、そうはいってもいくらぐらいあれば、資産運用を始めればいいんだろう?って思う人がいると思います。一つの目安ではありますが、100万円くらいあると選択肢の幅が広がるというものです。何より、100万円くらい手元にあると、安心感につながります。

定期預金から少しリスクをとる方向に

資産運用のはじめの一歩として、たいてい普通預金から余剰資金を定期預金に移しましょうって話になりますよね。これは確かに間違いではありません。しかし、100万円の軍資金があるなら、投資対象も銀行より少しリスクのあるものの方が結果としてお金を殖やすことができるはずです。100万円を預けていても、金利が1%未満では物価の上昇に対応しきれませんからね。まさに「投資」と呼ばれるようなものにトライしてみるレベルといえます。

まずは投資信託がおすすめ

100万円あれば、NISA口座を開設して資産運用することもできます。投資信託なら数千円からでも積み立てできますし、きっちり100万円分使えるので、まずは投資信託を手始めに投資を始めるのがオススメです。将来的に株式投資をしてみたいということなら、複数の株で構成されている株式投信を選ぶのも一つの手です。投資信託の良いところは、一つのファンドの中に複数の株や債券が組み合わさっていること。それによって一つのファンドに投資しているだけなのに分散投資が可能になる点です。投資信託なら、日本株だけでなく、外国株も少額で購入することができます。

もちろん、株や不動産投資もアリ

また、100万円程度貯まれば、不動産投資という方法も見えてきます。
さすがに100万円では現物資産を買うことはできませんが、将来を見据えて物件選びや銀行の融資状況などを確認する資金になります。
また、投資信託の不動産版とも呼べるREITに投資する方法もあります。
REITなら、現物の物件を持たなくても、マンションや商業施設などに投資できるんですよ。
利益を分配金として受け取ることができるので、自分の物件を持つための資金を殖やす手段にもなりえます。

いかがでしたでしょうか。
よく「まずは100万円」と言われますけど、あの帯でまとまっている一束の威力は、資産運用においても絶大です。
株式投資や不動産投資も100万円程度あれば運用資金としてひとまず合格点といったところです。
ただし、今回紹介した金融商品は、リスクもあるため100万円が殖えることもあれば、目減りするケースもあるので、投資のデメリットも学んでおく必要があります。

ページトップ
Design by 無料ホームページ素材 | Flash素材 | 格安ホームページ制作