30代既婚者に合った資産運用を

さて、株式投資や不動産投資といった投資を中心に資産運用の重要性が強調されるようになりました。
もちろん、投資も大事ですが、その人の年齢やライフスタイルによって必要な資産運用は変化していきます。
独身の人ならまだしも、30代で既婚者となれば、家族のことも考えなければいけません。
子どもも学費のことも大事ですし、住む場所をどうするのかといった人生の選択肢も増えます。
その時時に最適な選択ができるように資産運用も考える必要があります。

もっとも大事なのは保険

数ある資産運用の中でも、30代既婚者が検討したいのが保険です。
保険を投資商品と思っている人もいますが、一番最初に考えたいのは、今の自分に合っている保険は何なのかです。
会社や知人から薦められた保険に若い時に入って、それ以来保険の保障内容を確認していないとか、いくら保険料を払っているかよく分からないというのはとても危険です。
保険料を節約することができれば、他のことにお金を回すことも可能ですしね。
また、縁故があるから保険会社を変えることはできないと諦める必要はありません。
今やネット保険をはじめ、大手保険会社も細かくライフスタイルに合わせた保険プランを展開しています。
一度保険を見直すということは、節約だけでなく、保険を手厚くして、生活を守る意味もあるんです。
医療保険に入っているから病気になっても大丈夫と思っていて、いざがんになってみたら、がんは保険の対象外だったなんてこと意外と多いです。
保険対象外では、すでに病気になってしまった時、保険は役にたってくれません。
そうならないためにも、保障内容の確認は重要です。
がんへの保険が必要なら、がん保険もかねた医療保険に加入し直す、もしくは既存の医療保険にがん保険をプラスするという方法もあります。
いずれにしても、定期的に保険を見直すのは30代既婚者にとって重要なことといえます。

保険のメリットは沢山あります

また、保険に入っておけば貯蓄代わりにもなります。
子どもがいれば学資保険で学費に必要なお金に手をつけなくてすむというメリットもあります。
それと、生命保険などでは、経過年数によってお祝い金がもらえることもあります。
健康でいたことに対するちょっとしたボーナスみたいなものですね。
保険はムダと思う人もいるかもしれませんが、低所得者だからこそ必要というケースも。
いざというとき、高額な医療費が支払えないからこそ、保険に入ることで治療費を気にせずにすむというメリットがあります。

30代既婚者におすすめの保険とは

ここまで保険の重要性を述べてきましたが、では30代既婚者に資産運用として適した必要な保険とは何かというと、ズバリ生命保険ですね。
自分に何かあったときに伴侶や子どもが困らないように死亡保障を検討するのは必要な作業です。
最近は契約期間の終了がない掛け金の安い終身保険も人気だったりします。
ただ、そうした低解約返戻金型の保険だと、保険料が安くなる分、一定の契約期間が過ぎる前の返戻率も低いため、保険の乗り換えが容易でないケースもあるので注意が必要です。

ページトップ
Design by 無料ホームページ素材 | Flash素材 | 格安ホームページ制作