退職間近だから資産運用開始を

最近は、孫のために少しでも老後資金を殖やしたいという人も増えています。
しかし、定年して退職金や年金を受け取ってから資産運用として投資を始めても、操作に慣れずに間違った投資をしてしまったり、失敗してしまう危険性が高いです。
また、証券会社などには口座開設に年齢制限を設けていたりもするので、資産運用を開始したいなら、退職を待たずに始めるべきです。
お給料がある場合、金融資産アリと判断され、さまざまな投資が可能になるメリットがあります。

投資の利用は計画的に

ただ、いきなり資産運用ということで投資をしろということではありません。
大事なのは、退職後のマネープランです。
自分が退職後どのような暮らしがしたいのか、退職金や年金がいくらもらえるのかを検討するのが第一です。
生活費として足りない分を補いたいのか、補うとすれば、いくら程度必要になってくるのかを試算しましょう。
とにかく自分の生活を中心に考えることです。
老後にそなえるための金融商品は、株式や不動産への投資だけとは限りません。
投資にはリスクもあるので、そういった意味では曖昧な感覚でいるのではなく、必要な金額をしっかり把握するのが重要です。

退職間近から始める点での注意点

そもそも、資産運用は将来への不安に備えて早く始めるのがオススメです。
少額からでも、何年も資産運用をすることによってまとまった金額を得ることができます。
また、退職金や年金は退職後の大事な生活費になるわけですから、資産運用の資金としても大きく目減りするような投資には使えませんよね。
万が一失敗したときにお金を取り戻すことが難しいためです。
そこで、時間を分散させたり、投資対象を分散させることでリスクを減らした資産運用が重要になってきます。
また、長期的な利益は不要ですので、毎月分配金がもらえるような投資信託などが投資対象の候補になってきます。
あくまでも生活を守るための補助手段として、極端に資産を減らすようなリスクの高い投資は避けるべきです。

保険の見直しも有効

また退職すると、これまでの生活とはいろんなものが変わってきます。
資産の分散という意味でも、保険を見直すというのも資産運用の一環として行っておきたいところです。
特に子どもが独立しているようなら高額な生命保険などは不要です。
ただし、扶養家族のために払い済みにしておき、死亡保障だけは残しておくという方法もあります。
保険は年齢が上がれば上がるほど保険料が高くなるので、余計な出費をしないという意味でも、必要な保険を見極めるのも大事なことです。
高齢になれば、健康保険から得られる恩恵も大きいですが、長期入院などになれば、より快適な環境で治療を受けたいと思うこともあるかもしれないので、生命保険の代わりに医療保険やがん保険などを手厚くしておくという選択肢もおすすめです。
資産運用というと、お金を殖やすことばかりに目がいってしまいますが、老後のマネープランに従って、お金の流れをはっきりさせておくというのがポイントです。
生活が立ち行かなくならないよう、投資先もしっかり選んで老後に備える準備と考えるのが鉄則です。

ページトップ
Design by 無料ホームページ素材 | Flash素材 | 格安ホームページ制作